面接で言ってはいけないことの具体例を知っておく

面接で言ってはいけないことの具体例を知っておく

 マイナビニュースにて、面接の際に絶対に言ってはいけない事に関する記事が紹介されています。

 

 昔とは違って転職する人が増えてきているとは言っても、転職が未経験の人は沢山います。転職活動が始めての場合には面接時に緊張しやすいですので、予め言ってはいけない事を頭に入れておくと安心ですね。

 

 

ネガティブな印象を与える受け答えはNG

 面接の際には好印象を与えるための自己PRが非常に大切なのですが、上手く自己アピールができたとしても、たったひとつの失敗で落とされてしまう可能性もあります。面接に落とされてしまう可能性が高い事例として紹介されているのが、ネガティブな印象を与える反応です。

 

 例としては、以前働いていた会社の悪口や愚痴、質問された事に「どうでもいい」という意味の回答をする、質問と無関係の受け答えをしてはぐらかす、自信がないことを言ってしまう、コネをにおわせる、公序良俗違反やトラブルを招きそうな偏った主義主張などです。

 

 

会社に対する前向きな熱意が感じられる事が大切

 表面的に前向きで積極的な感じがするだけの受け答えも実際には印象を落とします。例としては、業界や職種を目指すきっかけになったエピソードとして他の会社や製品を褒め称える事などです。

 

 あまりにも褒め称えると、面接官の立場としてはなぜその会社を受けないんだと感じます。また、雇われていることを前提にして待遇の話をしたり、上から目線の意見をするのも良く思われません。

 

 

 

転職未経験の場合には経験者以上に慎重に対策をしておく

 転職が未経験の場合は面接に慣れていなくてどんな事を話せば良い自己アピールになるのか全くつかめないという場合も多いかもしれません。

 

 しかし転職に慣れている場合でも面接の対策には苦労しますので、未経験の場合には経験者以上に慎重に対策をとっておく事をオススメします。


ホーム RSS購読 サイトマップ