将来のために、人脈が残せる転職を意識しよう

将来のために、人脈が残せる転職を意識しよう

将来のために、人脈が残せる転職を意識しよう

 

 30歳からの転職で心がけたいのは、お世話になった会社と決裂しないことです。業界や地域が変わらないで転職をすると、どこで前職の人間関係とつながっているかわかりません。

 仕事で大成するために、一番必要なのは人脈です。縁があって出会った人たちと喧嘩別れすることがないよう、他人を転職理由にしない、前向きな転職を実現してください。

 

 

転職に失敗する理由とは?

 

 転職を考える理由は人それぞれだと思いますが、活動して失敗する理由は共通しています。不満ばかりで現職を退職してしまうと、応募先の面接担当者に良い印象を与えることは出来ません。

 

 下記の項目は、すべて転職に失敗する理由に分類されています。あなたの退職理由に当てはまるものはありませんか?これに該当するようであれば、転職を再考することをおすすめします。

 

 

不満だらけの退職理由

  • 仕事にやりがいを感じられない
  • 給料や待遇、社内的評価に不満を感じる
  • 職場の人間関係が悪く、ストレスを感じる
  • 残業や休日出勤が多い
  • 上司や同僚とうまくいかない

 

 

転職に成功する理由とは

 

 転職に成功するためには、その理由がポジティブであることが前提です。「仕事のフィールドを広げたい」「役職につき、もっと責任の重い仕事に就きたい」「一時収入が下がることになっても、取り組んでみたい仕事がある」などの理由であれば、自分が進むべき道が明確になります。

 

 自分を評価するのは他人です。自分の思う通りの評価が得られないとしたら、何か足りない点があるはずです。そういう多角的な考え方ができない人は、どの職場に行っても、何がしかの不満を見つけ、転職を繰り返すようになるのです。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ