意味のある自己分析で転職の武器を作る

意味のある自己分析で転職の武器を作る

決めつけから解放されるための自己分析を

 

 ポジティブな人もいれば、ネガティブな人もいます。前者の人は自分のことを冷静に見たことがあるでしょうか。「あります」と思っている人も、それが本当の自分の姿だと勘違いしているだけかもしれません。ネガティブな人も同じ。本当の魅力を見逃しているだけの可能性もあります。

 

 そうした決めつけから解放されるための作業が自己分析です。転職市場に求められるのは、その人の真実の価値であり、また、転職活動に求められるのは、その人の本当の志向や感覚。

 

 決めつけによって行われた自己分析のままでは、それらを見出すことはできず、社会や会社から見た自分の姿との間に大きな隔たりが出てきてしまうかもしれません。

 

自己分析で整理しておきたいこと

 

 自己分析でまず考えなければならないのは、転職の理由や動機、そして目的です。「なぜ転職を?」という疑問を何度も自分に問いかけてみましょう。

 

 これまでの仕事・業務、それらに関連する経験や体験などを整理しておいてください。転職の場合にはこの整理によって出てきたモノが大きな武器となります。

 

 転職先の企業に求めるものも整理しておきましょう。より具体的に書き出しておくことはもとより、優先順位をつけることも忘れずに。と同時に、転職後のキャリアプランもある程度目処を付けておいてください。

 

 そして、性格。長所や短所、趣味志向なども整理しておくと、さまざまな場面で役に立ってくれるはずです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ