退職すべきは在職中か退職後か

退職すべきは在職中か退職後か

在職中の転職の良いところ

 

 転職となると考えずにはいられない、「在職中・退職後のどちらに?」といった活動時期の選択。30代だからといって転職できるとも限りませんし、しかし思い切った行動に出るべきなのか悩んでしまう人も、かなり多いのではないでしょうか。

 

 在職中の転職の良いところは、例え失敗しても戻るところがある点。退職意志を示す前に転職活動の結果が出ればの話ですが。退職意識を示した後でも、退職から入社への移行がスムーズにいけば、無職の期間を作ることもなく、経済的にも困ってしまうことはないでしょう。

 

 人によっては、働きながら新たな職場を探したり面接を受けたりするため、集中できると感じることもあるようです。バイタリティのある人は、特にそうなのかもしれません。

 

退職後の転職の良いところ

 

 退職後の転職にも良いところはあります。全ての時間を転職に費やすことができる、これでしょう。

 

 こちらの方が集中できるという人がいるのもよくわかります。他の業務に追われないわけですから、動かなければならない時に、すぐに行動に移せる点は退職後の転職の大きなメリット。面接日や入社日の調整なども企業の意向を汲み取りやすいので、双方にとってメリットがあるとも言えるでしょう。

 

 在職中・退職後、どちらもメリットばかりではありませんが、どちらかを選ぶということは、必ずどちらのメリットもデメリットも感じることになるはず。よく考えた上で転職の時期を決めなければなりません。

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ