気にしておくべき職務経歴書書き方

気にしておくべき職務経歴書書き方

やってはいけない職務経歴書書き方

 

 封筒から応募書類を取り出した瞬間、もう読むのを止めてしまう人事担当者もいるようです。そうしたケースでは、職務経歴書書き方がなっていないことがほとんど。

 

 大量の職務経歴書を送ってしまったら、それはもう読まれないものだと思っておきましょう。汚い手書きで、まるで日記のように書かれている書類、これも敬遠されてしまいます。

 

 履歴書と合わせて見た時に、年月などの相違点があれば、それが例え単純なミスだとしても社会人として問題があると見られてしまうでしょう。パソコンでは特に誤変換にも要注意。最近非常に多くなってきている、やってはいけない職務経歴書書き方の典型例です。

 

量と内容のバランスが大切です

 

 職務経歴書は量と内容のバランスがとても重要。量が少な過ぎると、逆に企業があなたを精査する資料が少なくなるので、面接に呼ぶべきかの判断ができなくなります。過不足には十分に注意しましょう。

 

 1枚の紙にビッシリと書いてあっても、その内容が薄過ぎると、やはり職務経歴書書き方としては問題あり。主張できる能力がない、明示できるような資格や実績がない、そう判断されてしまうでしょう。

 

 量は多すぎず少なすぎず、しかし内容はしっかりと詰まっており、読み進めていくごとに応募者の人物像がわかってくる。そんな職務経歴書書き方を目指さなければ面接への扉が開くことはないでしょう。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ