自己PR作成上の注意点とは

自己PR作成上の注意点とは

多ければ良いとは限らないのが自己PR

 

 なんとか書類上で自分のことをアピールしようと頑張る姿は素晴らしい。しかしその気持ちが強く出過ぎてしまうと、自己PRで失敗してしまうこともあります。

 

 自己PRは、多ければ多いほど有利になるとは限りません。それだけ自分の魅力を伝えられると思っているかもしれませんが、自分の優れた部分をこれでもかと提示してくる人を、果たして人事担当者は信頼できるでしょうか。

 

 ただの、自分大好きナルシスト、というレッテルを貼って終わってしまう可能性もあります。もしくは自分のことを過大評価していたり、自分自身を客観的に直視できていない人物だと感じるでしょう。いずれにしても良い効果は生み出しません。

 

 自己PRは要点を絞り、本当にアピールしたい部分だけを書き出すこと、これを守ってください。

 

伝わらなければ意味がないのが自己PR

 

 自己PRの作成のもうひとつのポイントは、「確実に伝えること」です。

 

 具体的な自己PRとしては、応募職種に関連した資格を有していることなどがありますが、その資格名だけを書いてもなかなか良い自己PRとはならないでしょう。取得が難しい国家資格などであれば話は別ですが、そうではないのであれば、その資格がどんな場面でどのような働きをしたのかといった、より具体的に掘り下げた自己PRの方が確実に強みとして伝わります。

 

 実績についても同じで、本当にあなたが生み出した実績なのかどうかが書かれていなければ、自己PRとしては不十分でしょう。書いた内容がどう伝わっているのかを意識しつつ書かなければならないのです。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ