退社の理由を考えよう

退社の理由を考えよう

多くの転職者が使っている退社理由

 

 転職する時には、どうしたって退社の理由を考えなければなりません。転職者の多くは、どのような理由を考え、それを伝えているのでしょうか。つまり、建前の理由の相場を知ることで、あなたにもピッタリなそれが見つけられるかもしれません。

 

 比較的多い退社の理由は、「キャリアアップのため」や、「より良い環境を求めて」などとのこと。他にも、「別のことに挑戦してみたくなった」や、「責任ある立場で仕事をしてみたい」といったものも。

 

 やはり、前向きな理由が多いようです。こうしたことを参考に退社の理由を考えてみましょう。

 

伝える相手を考慮して考えてみる

 

 退社の理由は、伝える相手のことを考えて作り上げることも重要のようです。例え前向きな理由を告げたとしても、それを不快に思う人もいないわけではありません。

 

 例えば、上で紹介した、「キャリアアップのため」と上司に伝えたとしましょう。その上司が、「うちの会社では、キャリアアップができないのか?」と返してきたら、それ以上何も言えなくなってしまうと思います。

 

 上司とこれまで接してきたわけですから、どのような性格かはなんとなくわかるはず。そうしたことも考え、納得してくれそうな理由、伝わりそうな理由、何も言い返せないであろう理由を作り上げると、それを伝えた時に起こり得る面倒なやりとりを回避したり、円満退職の弊害になるようなことも少なくなります。

 

 

【関連記事】


ホーム RSS購読 サイトマップ