30代の転職活動の流れ

30代の転職活動の流れ

30代の転職活動の流れ

 

 30代は職場で実務をこなす中堅社員として中心的存在になります。また、プレイングマネジャーとして計画的に業務を回しながら、後輩の指導もしている人も多いかと思います。そんな多忙な30代が転職を決意して活動するにも、時間的、肉体的制約があるためなかなか思うように活動できないのではないでしょうか。

 

 そこで、転職活動をステップごとにまとめてみました。これを利用すれば、多忙でも効率的に転職活動が行えるでしょう。

1.転職について考える

 30代でいくら業務が多忙を極めても、転職について自分の希望や考えといった転職軸を明確にしておくことだけは、少し時間をとるとよいでしょう。

 

 具体的には、ネット上の自己分析シートを利用して自分の本音や希望、強み弱みなどを確認しておくことで、自分が転職に求めることが明確になるため転職軸が定まります。ここをきっちり行っておくことで今後の活動に効いてくるでしょう。

 

【参考記事】

 

 

2.情報を集める

 転職軸が定まったら、いよいよ応募するための情報収集を開始します。そうはいっても30代の求人は市場にあふれているため、精査する必要があります。そこでリクナビNEXTやリクルートエージェントといった人材大手が運営する情報ツールを活用すると良いでしょう。これらは自己検索ができるだけではなく、スカウト機能もあるため企業からも連絡をもらえることもあり、チャンスが広がります。

 

【参考記事】

 

 

 

3.応募する

 応募書類を作成したら企業にエントリーを行います。具体的には職種や仕事内容 、企業規模と職場環境、経営ビジョンや社風などを元に応募先を決めます。さらに雇用形態、 希望給与額と必要最低金額、勤務時間や残業時間、有休取得、 勤務地などから各項目別に自分の希望条件を書き出します。

 

 そして自分なりの選択基準を明確にしておくと応募企業がマッチングしやすくなり、企業の優先順位がつけられるため、スケジュール調整もしやすくなります。

 

【参考記事】

 

 

 

4.面接を受ける

 書類選考を通過して面接を受けます。30代の転職では志望動機や退職理由などの質問に対して、いかにこれまでの経験やスキルが役立ち、転職先に貢献できるのかをピントを絞って応答することが内定への鍵となります。

 

 また、たとえ華々しいキャリアがあっても、自分の業務スタイルが転職先で適応できるかどうかといった柔軟性も大切になります。

 

【参考記事】

 

 

 

5.円満退社・入社準備をする。

 内定を獲得したら内定通知書の確認をします。ここで条件面などに問題がなければ、1週間以内にはサインをして入社の意思を転職先に伝えます。その後は、現職で上司に退職の意思を伝えて承諾されたら、職場での引き継ぎと仕事関係者にあいさつをして退職が完了します。

 

 30代は業務の要になる人も多く、上司からの引き留めに遭っててこずるケースも少なくありません。そこで自分の転職軸を明確にしているならば、しっかりと意志が固いことを伝えて退職することを伝えましょう。

 

【参考記事】

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ